卯月

                             4月20日 
                          
                            穀雨(こくう)

               田畑の準備が整い、それに合わせて春の雨の降る頃。
                   穀雨とは・・穀物の成長を助ける雨のこと。


     ここ最近のお天気で、急激に雪が溶けました。 しかし、山間部ではまだまだ冬の名残り・・
         
           完璧な春を待ち望んでいるのは、どうやら私達人間だけではないようで・・
            雪の下に埋まっている写真中央、遊具の「パンダ」の視線を感じます。
a0126272_1351472.jpg

                           所 変わって  
                     福島県 三春町の「三春滝桜」
                            
a0126272_13513130.jpg

          どんなに辛い出来事が起ころうが、厳しい冬を乗り越え必ず「春」は来る。
                  
                    言葉にはできない生命力を感じます。
[PR]
by kizawamei2 | 2013-04-20 13:41
<< 木沢里山食堂 3月23日 >>